おすすめのラブライブ曲ランキングベスト25|ラブライブシリーズから厳選

アニソン
スポンサーリンク

9位 KiRa-KiRa Sensation!(μ’s)


テレビアニメ『ラブライブ!』の第2期第12話の挿入歌として使用された曲です。

歌詞に「僕と君で来たよ ここまで みんなの思いが届いたよありがとう」という言葉があります。1stシングルのときから「僕と君」と言ってきてついに追い続けてきた「みんなの夢」が叶ったんだなという嬉しい気持ちとこれが最後なんだなという少し寂しい気持ちが入り交じった複雑な感情になる曲になっています。そしてラブライブは「みんなで叶える物語」というキャッチフレーズがふさわしいコンテンツだと感じられる一曲です。

8位 WATER BLUE NEW WORLD(Aqours)


テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』第2期第12話の挿入歌に使用された曲です。

この曲はアニメラブライブサンシャインの集大成のような曲になっています。これまで千歌ちゃんたちは輝きを探してきました。そしてついに輝きを見つけ、新たな世界へ旅立ち次の輝きを探しにいこうという歌詞になっています。Aqoursのこれまでの軌跡が思い出される素晴らしい曲です。

7位 Angelic Angel(μ’s)


劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』の挿入歌に使用された曲です。

この曲はとにかくエリチが美しく尊い曲になっています。最後のエリチソロの「Ahもしもはほしくないのさ」のところの声が美しすぎて最高です。また、映像の演出もすごい綺麗なのでぜひ久しぶりに見返してみてはいかがでしょうか?

6位 SUNNY DAY SONG(μ’s)


こちらも劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』の挿入歌に使用された曲です。

この曲はスクールアイドルみんなのための歌というコンセプトで作られた曲です。キャッチーな曲調で思わず口ずさみたくなるような曲になってます。この曲を映画で見た時ひとりずつ足を出していくところですごい鳥肌がたったのを覚えています。やはりμ’sは神だと感じさせてくれる曲になっています。

5位 僕たちはひとつの光(μ’s)


劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』のエンディングテーマに使用された曲です。

言葉の1つ1つが心に響くものになっていて聴くと涙が自然と出てくるような曲となっています。歌詞にはμ’sのメンバー9人の名前が上手く織り込まれています。別れの寂しさを感じつつ「今が最高」だからかけがえのない今を大切に生きていこうと前向きにもなれる一曲にもなってます。

4位 僕らのLIVE 君とのLIFE(μ’s)


μ’sの1stシングルでラブライブ伝説の曲です!

この曲が発売されたのが2010年ということで時代を感じますね。昔はラブライブなんてオタクが見るものと偏見を持っていましたがこの曲を聴いてみてラブライブすげえと思ったのを今でも覚えています。何事も食わず嫌いは良くない!

3位 MOMENT RING(μ’s)


μ’sのファイナルシングルとして出された曲です。

μ’sファイナルシングルということでラブライブがこれまで歩んできた道を振り替えるような曲になっています。この曲で特に好きなところは「無謀な夢から始まって奇跡のようにすべてが繋がって」という歌詞です。順風満帆ではなかったμ’sの歩みでしたが最終的には東京ドームまで上りつめたというストーリーが重なってすごい良い歌詞だなと思います。

2位 君のこころは輝いてるかい?(Aqours)


Aqoursの1枚目のシングルとして出された曲です。

ラブライブサンシャインで初めてでたシングルということでμ’sとはまた違ったAqours独自のテイストが存分に出ていて「これからラブライブサンシャインどうなっていくかな」とワクワクさせてくれる楽曲になっています。Aqoursの「原点」をぜひ聴いてみてください!

1位 青空Jumping Heart(Aqours)


テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の第1期オープニングテーマに使用された曲です。

この曲は聴くだけで「これから何かが始まるんだ!」とすごいワクワクさせてくれて期待が膨らむ曲となっています。落ち込んで元気を出したいときなどに聴くのがおすすめです。

まとめ

今回はラブライブシリーズでのおすすめの曲をランキング形式で25位から1位まで紹介しました。どれも神曲なのでぜひラブライブ、ラブライブサンシャインの思い出を思い出しながら聴いてみてはいかがでしょうか。

コメント