何度もリピートしたくなる中毒性の高いおすすめアニソンベスト15

スポンサーリンク

アニソン大好き暇人大学生のryoです。

今回は思わず何度もリピートしてしまうような中毒性の高いアニソンをランキング形式で15位から1位まで紹介していきたいと思います。

ここで紹介する曲はどれも一度聴き始めたら気づいたら一日が終わってしまうような中毒性が高い神曲ばかりなのでぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

中毒性の高いおすすめアニソンベスト15

15位 帰り道(八九寺真宵(加藤英美里))

テレビアニメ『化物語』第4話のオープニングテーマに使用された曲です。

良曲の多い物語シリーズの曲の中でも特に中毒性が高いのがこの曲!テンポが良いメロディーと八九寺ちゃんの可愛らしい歌声が合わさって破壊力抜群の曲になっています。ただこの歌、アニメの本編を見てから聴くと切ない曲に感じられます。詳しくは「化物語」の本編を見て確かめてみてください!

14位 うまぴょい伝説


テレビアニメ『ウマ娘 プリティーダービー』EXTRA Rのエンディングテーマに使用された曲です。

アニメが競馬をモチーフにしたものだということもありこの曲は馬が走っているような疾走感を感じられる曲になっています。曲の始まりは「いちについてよーいどん」という歌詞になっていたりと聴いていて面白いです。ところどころ入る意味のわからない歌詞も気づいたら癖になっているような一曲です。

13位 日出ズル場所(オメでたい頭でなにより)


テレビアニメ『火ノ丸相撲』のエンディングテーマに使用された曲です。

この曲は他の曲にはない破天荒さをもった曲になっています。曲の途中で急にデスボイス風の歌声になったり、甘いかっこいい歌声になったり、力強い歌声になったりと聴いていて飽きない一曲です。一度聴いたらこの曲の独特な世界観のトリコになること間違いなしです。

12位 めてお☆いんぱくと(メルル(田村ゆかり))


テレビアニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の作中アニメ 『星くず☆うぃっちメルル』の主題歌に使用された曲です。

この曲は「The萌えソング」という感じでなんと言っても声が可愛すぎる!聴いてるだけで脳がどんどん溶けていっていまうような感覚にすらなります(笑)疲れたときに摂取したい成分が全て入った一曲なのでぜひ一度聴いてみてください!

11位 バラライカ(月島きらり)


テレビアニメ『きらりん☆レボリューション』の2代目オープニングテーマに使用された曲です。

この曲については皆さん、どこかで耳にしたことがある曲ではないでしょうか?「バラライカ」というパワーワードと非常に独特なメロディーは一度聴いたら忘れられませんね。ちなみにこの曲の替え歌が一部の界隈ではかなり人気があったりしています。

10位 ミッション! 健・康・第・イチ(赤血球(花澤香菜)、白血球(前野智昭)、キラーT細胞(小野大輔)、マクロファージ(井上喜久子))


テレビアニメ『はたらく細胞』のオープニングテーマに使用された曲です。

この曲は他のアニソンにしては珍しい男声と女声の混声の曲になっています。可愛い歌声と男らしいかっこいい歌声の両方が楽しめるお得な一曲です。この曲を聴いていると体の細胞も自分のために働いてくれているんだから自分も頑張ろう!とやる気がでてきます。勉強や仕事のやる気が出ないときにおすすめのアニソンです。アニメの内容も「生物」の勉強になるので是非見てみてください!

9位 大空ドリーマー(PPP)


テレビアニメ『けものフレンズ』の挿入歌に使用された曲です。

けもフレといったら「ようこそジャパリパークへ」の印象が強いかもしれませんが、忘れてはいけないのがこの「大空ドリーマー」。テンポが良く聴いていて楽しい曲になっています。また、「ぱぱぴぷぺぺぽぱっぽーぱぱぺぱぷ」のところのリズムが絶妙に中毒性があり何度も聴きたくなります。

8位 Baby Sweet Berry Love(小倉唯)


テレビアニメ『変態王子と笑わない猫。』のエンディングテーマに使用された曲です。

この曲は小倉唯さんの甘い甘い歌声を堪能することができる曲になっています。この歌声は中毒性が高いので摂取し過ぎると日常生活に支障が出る可能性があるので気をつけてください。小倉唯さんの可愛さがぎゅっと詰まった一曲になっているので脳に糖分が足りなくなったときにぜひ聴いてみましょう!。

コメント